贈与税の配偶者控除

〔概要〕
①同一世代間の贈与であること。
②夫婦の財産は夫婦の協力によって形成されたとする考え方から、贈与の認識が希薄であること。
③配偶者の老後の生活保障を意図した贈与が多いこと。
などの理由から
婚姻期間が20年以上である配偶者から
一定の居住用不動産又はその取得資金の贈与を受けた場合には
それらの財産に係る贈与税の課税価格から2,000万円(配偶者控除額)を控除できる。

相続税法

法21の6 贈与税の配偶者控除
令4の6 贈与税の配偶者控除の婚姻期間の計算及び居住用不動産の範囲
則9 贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合の添附書類

戻る〕 〔「相続税30」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

H30.4.1現在の法令等
作成日:H30.9.17