地上権及び永小作権の評価

「地上権」とは、他人の土地において工作物又は竹木を所有するためその土地を使用する権利(民法265⦅地上権の内容⦆)を、
「借地権」とは、建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権(借地借家法2⦅定義⦆一)を、
「区分地上権」とは、地下又は空間を目的とする地上権(民法269の2⦅地下又は空間を目的とする地上権⦆)を、
「永小作権」とは、小作料を払い他人の土地において耕作又は牧畜をする権利(民法270⦅永小作権の内容⦆)を、
それぞれいう。

相続税法

法23 地上権及び永小作権の評価

戻る〕 〔「相続税30」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

H30.4.1現在の法令等
作成日:H30.9.18