みなし相続財産

生命保険金等

被相続人の死亡(保険事故)により相続人その他の者が受取る生命保険金などで、被相続人がその保険料を負担したもの。〔法3①一〕
申告書第9表(PDF)〕 〔タックスアンサー 相続税の対象になる死亡保険金〕 〔保険と税(PDF)

退職手当金等

被相続人の死亡により相続人その他の者が受取る被相続人に支給されるべきであった退職手当金等で、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したもの。〔法3①二〕
申告書第10表(PDF)〕 〔タックスアンサー 遺族が受け取る死亡退職金

生命保険契約に関する権利

相続開始の時において、まだ保険事故の発生していない生命保険契約で被相続人が保険料を負担し、かつ、被相続人以外の者が契約者であるものがある場合には、その契約者について、その生命保険契約に関する権利。〔法3①三〕
タックスアンサー 生命保険契約に関する権利の評価

定期金に関する権利

相続開始の時において、まだ定期金給付事由が発生していない定期金給付契約で被相続人が掛金等を負担し、かつ、被相続人以外の者が契約者であるものがある場合には、その契約者について、その定期金に関する権利。〔法3①四〕
定期金に関する権利の評価明細書

保証期間付定期金に関する権利

定期金給付契約で保証期間内に定期金受取人が死亡した場合に相続人等に定期金又は一時金を給付するものに基づいて、相続人その他の者が定期金受取人等になった場合には、その定期金受取人等となった者について、その定期金給付契約に関する権利のうち被相続人の負担した掛金等に対応する部分。〔法3①五〕

契約に基づかない定期金に関する権利

被相続人の死亡により、相続人その他の者が受けることとなる定期金に関する権利で契約に基づくもの以外のもの。〔法3①六〕

相続税法

法3 相続又は遺贈により取得したものとみなす場合
令1の2 生命保険契約等の範囲
則1の2 漁業協同組合等の締結した生命保険契約等に類する共済に係る契約の要件
令1の3 退職手当金等に含まれる給付の範囲
法12 相続税の非課税財産
令2 相続又は遺贈に係る財産につき相続税を課されない公益事業を行う者の範囲
令2の2 心身障害者共済制度の範囲

戻る〕 〔「相続税30」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

H30.4.1現在の法令等
作成日:H30.9.8