贈与又は遺贈により取得したものとみなす信託財産

相続税法

法9の2 贈与又は遺贈により取得したものとみなす信託に関する権利
法9の3 受益者連続型信託の特例
法9の4 受益者等が存しない信託等の特例
法9の5 信託に関する特例
法9の6 政令への委任
令1の6 退職年金の支給を目的とする信託等の範囲
令1の7 信託の変更をする権限
令1の8 受益者連続型信託
令1の9 親族の範囲
令1の10 受益者等が存しない信託等の受託者の贈与税額又は相続税額の計算
令1の11 契約締結時等の範囲
令1の12 受益者等が存しない信託の受託者の住所等
則1の3 特定信託の委託者が通知すべき事項
則1の4 受益者等が存しない信託等の受託者の贈与税又は相続税の申告書に添付する明細書の記載事項

戻る〕 〔「相続税30」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

H30.4.1現在の法令等
作成日:H30.9.9