特別縁故者への相続財産の分与

相続人不存在の場合

相続財産法人から相続財産の分与を受けた者は、その分与の時におけるその財産の時価に相当する金額を、被相続人から遺贈により取得したものとみなされる。

相続税法

法4 遺贈により取得したものとみなす場合

戻る〕 〔「相続税30」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

H30.4.1現在の法令等
作成日:H30.9.8

kY67-jSaikksoG