居住者と非居住者の区分

   



居住者・非居住者の判定(海外勤務等のため入出国する場合)

海外勤務のため居住者が出国した場合

国内勤務のため非居住者が入国した場合

   

(法2条1項三〜五号 定義)
居住者(三)
国内に住所を有し、又は現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人をいう。
非永住者(四)居住者のうち、日本国籍を有しておらず、かつ、過去10年以内において国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下の個人をいう。
非永住者以外の居住者
非居住者(五)居住者以外の個人をいう。
法3 居住者及び非居住者の区分
令13 国内に住所を有するものとみなされる公務員から除かれる者
令14 国内に住所を有する者と推定する場合
令15 国内に住所を有しない者と推定する場合


非居住者に対する課税の方法

法164 非居住者に対する課税の方法

戻る〕 〔「所得税R1」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

R1.4.1現在の法令等
作成日:R1.10.1