山林所得

山林所得とは、山林を伐採して譲渡、又は伐採しないで譲渡することによる所得をいう。
ただし、保有期間が5年以内の場合は事業所得又は雑所得。
また、山林を山ごと譲渡する場合の土地の部分は、譲渡所得になります。

山林所得の金額 = 総収入金額 − 必要経費 − 山林所得の特別控除額(50万円)
概算経費:伐採又は譲渡した年の15年前の12月31日以前から引き続き所有していた山林については次の算式によることができる。
     必要経費 = (収入金額 − ①伐採費、運搬費、譲渡費用)× 50% + ①

(注)山林所得の課税方式は、いわゆる5分5乗方式による。

所得税法

法32 山林所得
令78 用語の意義
令78の2 分収造林契約又は分収育林契約の収益
令78の3 分収造林契約又は分収育林契約に係る権利の譲渡等による所得
令62 企業組合等の分配金
法37 必要経費
法39 たな卸資産等の自家消費の場合の総収入金額算入

法59 贈与等の場合の譲渡所得等の特例
法60 贈与等により取得した資産の取得費等
法61 昭和二十七年十二月三十一日以前に取得した資産の取得費等
令171 昭和二十七年十二月三十一日以前に取得した山林の取得費

令182の2 資産に係る控除対象外消費税額等の必要経費算入

法89 税率

措置法

措法30 山林所得の概算経費控除
措令19の5 山林所得の概算経費率控除の特例
措則12 山林所得の概算経費控除

措法30の2 山林所得に係る森林計画特別控除
措令19の6 山林所得に係る森林計画特別控除の特例
措則13 山林所得に係る森林計画特別控除の特例

戻る〕 〔「所得税R1」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

R1.4.1現在の法令等
作成日:R1.10.4