住宅特定改修特別税額控除

バリアフリー改修工事
    控除額:いずれか少ない額
  • バリアフリー改修工事の標準的な工事費用の額 × 10%
  • 20万円(改修工事に係る消費税が8%以外または10%以外の場合は 15万円)
省エネ改修工事
    控除額:いずれか少ない額
  • 一般的な省エネ改修工事の標準的な工事費用の額 × 10%
  • 25万円(太陽光発電設備設置工事が含まれる場合は 35万円)
    (改修工事に係る消費税が8%以外または10%以外の場合は 20万円(太陽光発電設備設置工事が含まれるときは 30万円))
多世帯同居改修工事
    控除額:いずれか少ない額
  • 多世帯同居改修工事等に係る標準的な工事費用相当額(250万円を限度)× 10%
  • 25万円

措置法

措法41の19の3 既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除
措令26の28の5 既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除
措則19の11の3 既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除

戻る〕 〔「所得税R1」メニュー〕 〔「税額表」ホーム

R1.4.1現在の法令等
作成日:R1.10.5